FC2ブログ
pyrostyle14
人間
2008年 10月 28日 (火) 23:25 | 編集
ファンタ

地球にとって人類とはどの様な存在なのだろうか、
地球の寿命からすれば人類の歴史など人間の一生に例えるのなら、ほんの数時間。
人の寿命など瞬き1回分とか聞いたことがある。
しかし、その瞬き1回でこんなにも地球にダメージをあたえてしまっている。
人類の立ちの悪さは半端ではない。
しかし、本当に地球にとってダメージがあるのだろうか?
そんな瞬き2・3回した程度でそんなにダメージを食らうのであろうか?
地球が誕生してから46億年の間には、たぶん幾度と無く劇的な環境変化や天変地異が起こっているはず。
たぶん地球にとっては、現在の環境変化など何も問題の無い環境の変化だと思う。
地球を守るとか、地球が危ないとか言ってるが、
ただ、長い年月をかけて今の自分達が住めるように整った環境の地球を守りたいだけなのでは?
地球にとってはこの環境でベストなのだろうか?
他の惑星を見ても地球の様な惑星はどこにもない。
生物が居ない。
他の惑星から見れば地球は、やたらと微生物?細菌に犯されてしまった惑星のようにも見える。
その細菌が善玉なのか悪玉なのか?
人間は確実に後者のような気がする。
それならばさっさと除菌してしまいたい、と地球は思うのではなかろうか、
所詮は地球を守ると言うよりは人間の住める環境を守る事でしかない。
結局は自分達の事しか考えていない。
他の動植物も守らなければ・・・。
人類が居なくなれば守れるとすれば・・・いや守れるはず。
しかし、そんな事する筈もない、人間は人間が大事だから、自分達が居なくなることなど考える筈も無い。
人間が居てこそだから、自分達が人間だから。
環境、素晴らしい景色、風景、かわいい動物、全て【見る】ことが出来る人間にしか価値は無い。
こんなことを思ったり話したり書いたりするのも人間だけ、なぜ人間だけ?
なぜそんな人類が地球に誕生したのか?
地球にとって人類とはどの様な存在なのだろうか・・・・・・・、
『一行目に戻る。』
うそうそ。
話が収集つかない感じになってきてますが、
なにが言いたいかって言うと・・・
やっぱり人は自分が大事ってこと。
もしくは、自分と関連のある人の事までしか考えることが出来ないってこと。
あまりにも考える規模を大きくすると、わけわからなくなるってこと。
宇宙スケールでものを考えると気が遠くなるってこと。
俺は、なにを言いたかったのか解からなくなってしまってるってこと・・・。

地球の寿命は太陽と深く関わっている。
太陽の寿命はだいたい100億年といわれている。
5億年くらいたつと、地球は太陽の熱のために海水が蒸発してしまい、生き物がすめなくなってしまう。
そしてあと50億年後くらいには、太陽が大きくふくらんで地球をのみこんでしまう。
太陽は最後には爆発して、太陽と太陽系の惑星が誕生する前と同じように、ガスとチリにもどってしまう。
でも、太陽が爆発することでガスとチリが宇宙にばらまかれ、また新しい星が生まれる材料になると言われている。

何億年とかの話が、たかだか何十年生きた人間に理解出来るわけがない。
人類は自分たちが地球の運命を握っているような気になってますが、
所詮宇宙の歴史の中で人間があーだこーだ言っているのもすこぶる一瞬のことであるってこと。

そんな事を言いつつも、私は地球温暖化問題を深刻に考えエコを心がけています。

人間だから・・・。





写真:Nature+An artifact


スポンサーサイト



copyright (C) pyrostyle14 all rights reserved.
designed by pyrostyle14.